子育て

子育てがしんどい時の味方「ファミサポ」とは?内容、利用方法、料金紹介

投稿日:

意外と使われていないけど凄いサービス『ファミサポ』。送り迎えが難しい、子供を預けたい。子育てに疲れた・・・そんな人がファミサポを使ってます。ファミサポとは何か、内容、活用事例、利用方法、料金、についてまとめました。

 

ファミサポ(ファミリーサポートセンター)とは?

1言で言えば『利用者が費用を負担し、提供者が子供を預かったりするサービスの事』ですね。

 

内容と活用事例

  • 保育園までの送迎
  • 保育園前後の預かり
  • 児童クラブ前後の預かりと送迎

といった形の利用をする方が多いです。

さらに利用者に聞くと、習い事の送り迎えや、お買い物時の一時的な預かり自身のリフレッシュに活用される人もいるみたいで、多様な活用方法が想定されます。

子家庭、母子家庭の利用もかなり多いみたいです。確かに、シングルで仕事もされながらだと、利用したいサービスになりますね。

 

料金

1時間あたり700円以下の施設がほとんどですが、都心部だと800~900円くらいが多いですね。

 

 

利用率

子供がいる世帯の利用率はおおよそ5%(※)ぐらいですね。周囲の方を見回しても使った事あるよ!といった人に出会う事はあまりないかもしれません。

また、利用されるお子さんの年齢は1歳から8歳がほとんどです。親が30~40代の世帯で全体利用の9割くらいあるので、それくらいの世帯の人たちにはニーズがあると想定されます。

※全国の利用会員総数は約60万人、18歳未満の未婚の子供がいる世帯数は約1209万世帯(内閣府調査より)である事から見積もった凄く大まかな数値です。

 

利用方法

・地域のファミサポに問い合わせをして、説明会に行き、事前登録をする

・サービス提供者と事前打ち合わせをする

・当日のサービスを利用する

センターによって違いはあるものの、基本的にはこんな感じです。

事前の打ち合わせについては仲介役のコーディネーターが入る事がほとんどなので、あまり心配はいらないと思います。

 

保険は入れるの?事故の時は?

いくら気をつけていても万が一はあるもの、サービス中にやけど、交通事故をした時の保証はどうするの?という場合の保険は勿論あります。

詳しくは最寄りのファミサポセンターに問い合わせしてみてください。

 

まとめ

ファミサポ活用シーンは様々あるので、育児・子育てがしんどい・・という時や、どうしても預けないと乗り越えられない!という状況の時には思い切ってサービスを活用してみてくださいね!

ファミサポ+近くの地名で検索すると、付近管轄のファミサポ施設が出てきます!

 

最近の投稿

-子育て

Copyright© しろくま流 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.