デジタルライフ

Apple arcadeとは 特徴やゲームタイトルを分かりやすく解説

更新日:

新ゲーム定額制サービスApple Arcadeアップルアーケードの特徴、メリット、どんなゲームタイトルがあるか、月額料金、iOS、iphone、Andoroid、FireTVのデバイス対応状況をまとめました。

 

現在日本では対応状況は不明となっていますが、150か国対応予定なので、日本でも確実に対応すると思われます。

Apple arcadeアップルアーケードとは

iOSのApple arcadeアプリから楽しめる定額制のゲームサブクリプションサービスで、Apple独自のゲームを含めたが100タイトル以上あると発表されています。

 

 

 

 

特徴:100以上の独自ゲームタイトルを定額制で楽しめる

・対応OSはiOSのみ

・Apple独自含む100以上有料の最新のゲームで、基本的に広告なし

常に最新のゲームをアップデートする予定

ハイクオリティ3Dゲームもプレイ可能

・デバイスを変更しても続きをプレイ可能なクラウドセーブプレイ

オフライン用ゲームはダウンロードして使用可能

・App storeの実績があるので参入障壁は低くコンテンツ増大が期待

家族に追加料金なしで共有出来る

・プレイ履歴や個人データは許可なくAppleに送信されない

 

特にApp storeでダウンロード数が多いゲームメーカーがApple arcadeに参入すれば、筆者がやってしまいがちな『App storeで色々買ってみたけど、自分には合わなかった、結局飽きて最後までプレイ出来ない』という状況になって損する事もなさそうです。

image by apple

iphone(iOS)、Androidのアプリ、PCで使える?

対応機種は随時発表となる見込みですが、現時点ではiOS(iphone、ipad)、mac、Apple TVで使えるようになると発表されています。

 

App storeの基盤を強みとして展開していく以上、Android、Fire TVやWinなどの他OSでプレイ出来る確率は低そうです。

 

 

月額料金

今のところ、情報が出ていません。

月1000円〜2000円くらいだと良いですね。

 

サービス開始時期

今年秋ごろの提供の予定

 

 

ゲームタイトル

AppStoreには約30万の無料および有料ゲームがあり、その中からAppleが推薦、契約した選ばれしタイトルが入る事になります。

 

Monument Valley(モニュメントバレー)

1つiOSの代表タイトルを出します。平たくいえば、『だまし絵のような世界での脱出ゲーム』です。

Monument Valleyはどんなゲームか?というのを分かりやすく表している発売元ustwoから発表の2年分のデータから以下を抜粋します。

 

累計ダウンロード数は2600万を超える

売上げは15億8600万円以上

iOSからダウンロードが73%を占める

という超化け物ゲームですね。

 

実績があるゲーム=優良ゲームという事は確実に言えます。ダウンロードも大半がiOSということで、発売元ustwoはiOSの強い味方と言える存在です。

 

その盟友がApple arcadeに参戦するという事は、Appleはかなり本気ですし、コンテンツに真摯に向き合っていくと言えそうです。

※現在は続編Monument Valley2が発売されており、こちらも高い売上を誇っている。2がApple  arcadeにあるかは不明。

 

こういったゲームが面白そうだなと思っても有料だからDLはやめておこうとなった事はありませんか?Apple arcadeはその状況を根本的に変えるかもしれないですね。

 

OCEANHORN2(オーシャンホーン2)

スマホ版ゼルダの伝説と名高いOCEANHORNの続編です。2はまだどのデバイスでもプレイできないようですが、1はiOS、steamなどの配信がなされています。

 

ちなみに映像を見れば一目瞭然なのですが、1→2の変化はスーファミ版のゼルダの伝説とスイッチ版のゼルダの伝説くらい違います。

1でも2019年4月現在iOS版で¥960するので、2はそれ以上の価格的価値はあるのではないでしょうか。

 

FANTASIAN(ファンタジアン)

これにはびっくりしました。ファイナルファンタジーの生みの親と言われる坂口博信氏が参入しており、Apple Arcadeオリジナルの『FANTASIAN』なるゲームを開発していると思われます。

【FANTASIAN】実物で作ったジオラマの上をキャラが走っている。

 

その他、コナミ、LEGO、SEGAなどの有名メーカーも参入してます。

 

まとめ:月額料金次第で期待できるサービスになりそう

秋にサービス提供とあってまだ情報は少ないですが、App storeの強みを活かして、App storeからのApple Arcadeに参入する有料ゲームの数が増えたり、Appleが独自のゲームを開発して提供するとなると波及力は計り知れないです。

 

ただ、いくらゲームがたくさんプレイできても加入を考えてしまうような月額料金だと厳しい状況になりそうです

 

とはいえ、まだ料金も確定していないですし、同じくAppleから発表されたサブディスクリプションサービス料金を見るとあんまり心配していません。サービス開始がかなり楽しみになりそうです。

最近の投稿

-デジタルライフ

Copyright© しろくま流 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.