HSC 子育て

HSCの子供はわがまま?親の育て方次第で変わる育てにくさ

更新日:

 

前置き

HSCは「わがままな子だなあ」とか両親の気遣いが「甘やかしている」といった事を言われがちですが、本当はそうではありません。
 
子供からすれば(他の子と比べて)特別わがままをしているわけでもないですし、両親も甘かして育てているといった事もないでしょう。


どんな親でも子供の心を100%理解することなどできません。でも。。それでも。。90%は理解して、子供ために何かをしたい。それが親心ですよね?


子供本人の気質はもちろん、ご両親のその理解してあげたい気持ちが周りにはわからないだけなのです。だからこそ、両親には一人前に育てるという強い気持ちが必要です。


甘やかしているつもりはなかった

強く叱られるよりも、優しく褒めて伸びる、という事がHSCの特徴の1つに挙げられています。

いつもいつも優しく褒めて伸ばすなんていうことは、仏様か何かにならなければ出来ないと思いますが、そういった事を心がけていらっしゃる方は多かろうと思います。

私もHSCの娘に対して、ならべく感情的に怒らずに、娘の気持ちを考えて受け止めて褒めるように心がけていました。

するとある時両親から、「甘やかしすぎじゃない?」と言われた事があります。両親が、運動会で他の子が当たり前にやっているダンスを出来きずに泣いているのを間近で見たからです。

たしかに、私も娘が悲しい想いをしているのにもショックを受けましたし、親に言われた事も合わさって、さらにショックだったのを覚えています。

親には子供の気質の事は話してなかったし、しょっちゅう子供の事を見ている訳では無いですし、何より、父親は豪快な感じの人柄です。

しかし、なんだか悔しい気持ちでいっぱいでした。こんなにも娘のことを思っているのになんで。。と

HSCの親には「芯」が必要だと気付く

そこから私も自分なりに、どうやったら子供ができるようになるか必死で考えました。そして、その時、気づいたのです。「親が子供を信じられなかったら子供は成長しない。

私はHSCだからしょうがない、と思っていましたが、そうではなかったのです。

HSCならではの優しく受け止めて褒める。これはやっぱり甘やかしなどでは無い!個性を活かした立派なやり方なんだ!と信じてやってみる事にしました。

具体的には以下のように行動を徹底しました。

①何か新しい事が出来るようになったら、小さな事でもとにかく褒める

②褒めた内容を寝る前、起きた時、ふとした時に繰り返し伝え、次にやってみたい事を聞いたりする。

③やってみたい事に沿って、小さなステップを作ってあげ、ハードルを上げすぎないで、少しずつチャレンジさせる。


自身もHSPでも仕事でここまでやれるんだ!という感覚を身につける事が出来た経験があります。だからこそHSCなら、いつか他の子が出来ない事が出来るようになるのでは?と信じてやりました。

そうすると、人前でろくに踊れなかった踊りがすっかり自信満々に踊れるようになったのです。

 

この経験から、HSCの親が必要なマインドを以下に記したいと思います。

 

ポイント

☆誰に言われようが、他人と自分の子を比べることで悲観しない。

☆「過去に出来なかった何かを出来るようになった事」をポジティブに見つける

☆HSCの成長の鍵は、「子供を枠に当てはめない」で可能性を信じる

 

何かの参考になれば幸いです。

 

最近の投稿

-HSC, 子育て

Copyright© しろくま流 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.